« ウチのシーズー犬どんべえが入院 | トップページ | 愛媛県内でも新型インフルエンザ感染者 »

退院

激しい癲癇が続き、睡眠をあまりとらず部屋をグルグル歩行する

異常な行動をみせて入院していたウチのどんべえ。

昨日、昼間から昏睡状態が続き、夕方くらいに獣医さんと

相談して、もしもの可能性もあるので家で看取りたいとの私の

希望で夜間に退院しました。

覚悟は決めていたのですが、今日の昼間にどんべえが

永い眠りから覚めました。

水も飲まなくなっていたとの事だったので、獣医さんに頂いた

針のない注射器で水を与えてみました。

少しずつですが飲ます事ができ、後はペットスエットという犬用の

ポカリスエットみたいな飲料水を購入して飲ませました。

現在の症状は、斜頸(首が曲がる症状)、後ろ足が不自由で立てない

水を与えるのに苦労する、固形の餌をまだ与えてない、大きいほうの

トイレが2日ほどでていない状態等です。

脳疾患が原因の可能性が高く根本的に解決していないので、覚悟は

継続しています。

何にもしてやれなかったので、せめてドンベエが生きようとするなら

少しは手助けをしてやろうと思います。

|

« ウチのシーズー犬どんべえが入院 | トップページ | 愛媛県内でも新型インフルエンザ感染者 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退院:

« ウチのシーズー犬どんべえが入院 | トップページ | 愛媛県内でも新型インフルエンザ感染者 »