« 財政危機の米カリフォルニア州が非常事態宣言 | トップページ | 明日は寛仁親王牌の準決勝 »

「流さないトイレ」、節水3万3千トン 南海電鉄19駅

http://www.asahi.com/business/update/0625/OSK200906250090.html

朝日新聞サイトのビジネス欄で興味深い記事を見かけました。

記事を引用すると、南海電気鉄道は、駅トイレにある男性用小便器の一部

を水を使わない「無水トイレ」に取り換えた。

その結果、08年度の1年間で3万3256トンの節水効果があったと発表した。 

との事です。

毎年のように水不足のニュースが流れる四国ですが、このような無水トイレは

公共施設や民間の商業施設、工場や事業所に施工すれば、節水効果が

かなり得られるのではないでしょうか。

それにしても、水洗いが不用で臭いの出ない小便器を造ったメーカーの技術力は

たいしたものです。

便利な機能も大切ですが、多くの人が困ってることを根本的に解決できる商品を

開発するところが素晴らしい。

無水トイレは洗浄に水を使わず、薬剤でにおいを出さないようにする仕組みとの

事ですが、もしかして以前にブログで少しだけ紹介したイナックス社製のもの

でしょうか?

http://livings.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-0578.html

http://www.inax.co.jp/company/news/2008/010_equipment_0702_245.html

水不足を多少でもカバーできる商品開発を各メーカーに期待します。

|

« 財政危機の米カリフォルニア州が非常事態宣言 | トップページ | 明日は寛仁親王牌の準決勝 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「流さないトイレ」、節水3万3千トン 南海電鉄19駅:

« 財政危機の米カリフォルニア州が非常事態宣言 | トップページ | 明日は寛仁親王牌の準決勝 »