« 新型インフル、すでに大流行の兆し | トップページ | シーズー犬の闘病生活2ヶ月経過 »

【衆院選2009】どっちの白石さん? 愛媛3区 自民と民主、同姓対決

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090815-00000055-san-pol

8月15日の産経新聞の記事から引用です。

 愛媛3区で自民と民主のそれぞれ新人の「白石」氏が立候補を予定している。
投票の際、姓の「白石」としか記入されないと、票は得票率に応じ2人に配分
されてしまう。
両陣営とも確実に票固めをしていこうと姓ではなく名を覚えてもらえるよう知恵
を絞っている。

 自民新人の白石徹氏(53)と、民主新人の白石洋一氏(46)。
公職選挙法によると、同一の姓や名の候補者が複数いる場合、姓や名のみの投票
は有効票の得票率に応じて比例配分され、案分票として扱われる。

投票するときに、結構、苗字だけ記入する人も多いと思います。

しかし、今回のように有力候補が同姓の場合は気をつけるべきですね。

激戦の選挙では1票の値打ちが上がりますから。

昔、ある人物が地方選挙で初当選したときに、同姓票をめぐって裁判になり

結果的に議員になったようです。

今回は両候補者とも選べずに、あえて苗字だけで投票する人もいるでしょうが、

支持する候補者および政党がある場合は、できれば氏名をキチンと書いた

ほうがいいですね。

この前のブログに書いたように、全国的な流れは某政党の勝利で織り込み済み

でしょうが、愛媛県というところは保守が伝統的に強く、また前回までの総選挙の

ように両党とも適当に街頭演説するだけの選挙はしていません。

どちらにしても接戦になるのではないかなと個人的に思っています。

こういう時の1票は非常に重い。

もしかして、自分の1票が決着をつけるかもしれませんよ ^-^;

2人の白石さんの他に幸福実現党から宮脇氏も出馬しています。

|

« 新型インフル、すでに大流行の兆し | トップページ | シーズー犬の闘病生活2ヶ月経過 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527998/45981492

この記事へのトラックバック一覧です: 【衆院選2009】どっちの白石さん? 愛媛3区 自民と民主、同姓対決:

« 新型インフル、すでに大流行の兆し | トップページ | シーズー犬の闘病生活2ヶ月経過 »