« イタリアンジェラート | トップページ | 地デジ化目前 大漁アナログテレビ »

遅咲きのSGウィナー誕生

競艇オーシャンカップは佐々木康幸のSG初Vで幕を閉じました。
佐々木と言えば服部幸男の弟子、デビュー後早い段階で
A1級に落ち着き、器用で捲り差しが得意な選手というイメージでした。
彼も三十代後半になり、ビックタイトルを穫れるチャンスも
少なくなった所での今回のSG初優勝です。
師匠の服部幸男も自分の事のように喜んだ事でしょう。
ちなみに服部幸男は史上最年少SGウィナーです。
しかし、植木を粉砕した前世紀の賞金王決定戦からSGを獲ってません。
早熟な師匠と晩成型の弟子。
これは今村豊と白井英治も同じパターンですね。
白井も頑張ってタイトルを穫ってほしい。

|

« イタリアンジェラート | トップページ | 地デジ化目前 大漁アナログテレビ »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅咲きのSGウィナー誕生:

« イタリアンジェラート | トップページ | 地デジ化目前 大漁アナログテレビ »