« 一般の方のテレビ引取り基準変更 | トップページ | リサイクル営業所の盆休み日程 »

資産金属の金が上げ工業金属の銅や鉄が下げと予測

しばらく各種相場について書いてませんでしたが、

というか、あえて触れませんでした。

アメリカのダウは9連続日で下げ、少し戻してドーンと下げました。

日経も割りに耐えていたんですが、今週はズドーンと下げ。

金曜日は反動でNY市場の終値はプラスでしたけど、

その後にS&Pの米国債格下げ、史上初の最上級格付けからの転落です。

どうみるか?

話はチラホラ出てましたが完全に織り込み済みとはいかないと思います。

恐らく株式市場は世界的に下げるのではないでしょうか。

行き場を失った投資マネーが金相場に行き、更に上値を追いそうです。

また、円に買い圧力、つまり円高方向が続くのではないでしょうか。

先日、政府日銀が為替相場に介入しましたが、これから舵取りが大変だと思います。

円高の影響でウチのリサイクルの業務にも影響が出そう、というか既に出てます。

これからの予想ですが、銅や鉄などの価格が下落していくでしょう。

景気が低迷すると予想するなら資源相場も冴えないのが普通です。

需要と供給、在庫の増減、相場の上下。

救いが現在は高いガソリンですが、相場の後追いをして

おそらく盆明けからは結構下げるのではないでしょうか。

|

« 一般の方のテレビ引取り基準変更 | トップページ | リサイクル営業所の盆休み日程 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527998/52406908

この記事へのトラックバック一覧です: 資産金属の金が上げ工業金属の銅や鉄が下げと予測:

« 一般の方のテレビ引取り基準変更 | トップページ | リサイクル営業所の盆休み日程 »