« かなり得なステーキけんのアイスバー | トップページ | 土砂降りの中1時間も放置プレイ »

落車だらけだった共同通信社杯

共同通信社杯がオリンピック候補の渡辺一成の優勝で幕を閉じました。
今シリーズは有力選手の落車が相次ぎました。
初日は武田、二日目は深谷、極めつけが優勝戦の脇本。
レースが始まってジャンがなる前に誘導車にハウス。
まさに始まる前に終わっていた。
絶好調で、番手の稲垣も含め中近が人気になっていたので、ムカついた客も多かったのでは?
競艇の転覆、競馬の落馬と同じく賭金は一銭も戻らず、まさしくドブ。
5-2-7を一枚だけ持ってたのでムカつきも半減でしたが(>_<)

|

« かなり得なステーキけんのアイスバー | トップページ | 土砂降りの中1時間も放置プレイ »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落車だらけだった共同通信社杯:

« かなり得なステーキけんのアイスバー | トップページ | 土砂降りの中1時間も放置プレイ »