« 電気風呂 | トップページ | 野田総理サプライズ解散発言 »

ガソリンスタンド2月危機

日経新聞じゃなく読売新聞に興味のある経済記事が載ってました。
エコカーと人口頭打ちでガソリン需要が減退してますが、
既存ガソリンスタンドには追い討ちをかけるように
改正消防法で来年2月までに老朽化した地下タンクに油漏れ対策を
課す規制が加わり、油漏れ防止装置や検知機器設置で一千万円くらいとも言われる改修資金を
工面するのが厳しかったりで、これを機会に廃業する店舗が増えてるとの記事です。
確かに、今年に入り近隣市を含めガソリンスタンドが沢山閉店してると感じてました。
何故と疑問に思い、お世話になってる解体業者さんに聞いたところ、
だいたい、この記事と一緒な事を答えてくれてました。
四国は過疎地が多く、見知らぬ町を走る前には給油をしておかないと、
町に一つもガソリンスタンドがなくて困るとか、
そういう事も有り得るのでしょうね。
お国の規制一つで常識や街並みが変わるものですね。
今回の件は将来的に電気自動車など代替エネルギー車両を普及させる
ための一つなんでしょうかね。

|

« 電気風呂 | トップページ | 野田総理サプライズ解散発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527998/56106809

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンスタンド2月危機:

« 電気風呂 | トップページ | 野田総理サプライズ解散発言 »