« 中古品取引の考え | トップページ | 四国中央市で家電回収・金属回収・中古品回収 »

相互利益

商いというか、仕事というものは、相互利益に繋がるならば成立すると考えます。
ここでいう利益とは金銭的損得だけじゃなく、労力や時間的なものも含まれます。
全てを考慮したうえで一方的に損という認識が一方にあるならば、双方気持ちの良い取引とはなりません。
働いたら利益に繋がる相応の代償を得る、これを否定されると仕事にはなりませんから。
1万円の原価資材を使う工事に、工事費を含めない1万円を請求すれば赤字ですし、
1万円の市場価値の古物を行商し、1万円を支払い古物商取引をすれば赤字です。
当たり前の話ですが、そういう事は仕事として成り立ちません。

|

« 中古品取引の考え | トップページ | 四国中央市で家電回収・金属回収・中古品回収 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相互利益:

« 中古品取引の考え | トップページ | 四国中央市で家電回収・金属回収・中古品回収 »