« ムチウチ後遺症 | トップページ | 仕事においての筋道 »

売れるモノしか買取・回収できません

ごくたまに非常識というか「リサイクル屋=何でも買う・引き取る」
と考えてる人がいますが大きな間違いです。
いくら何十万円した家具や電化製品でも、状態が悪かったり年式が古かったり、
現時点で需要がなければ「売れないモノ」なわけで、
「売れないモノ」は「中古品」ではなく「ゴミ」なのです。
事業での「ゴミ」は「事業ゴミもしくは産廃」になり、
当然の事ながら「処分費」が発生するわけです。
「処分費がかかるゴミ」を「買取・無償回収」できる訳ありませんよね?
たまにサービスで「処分費がかかるゴミ」もしくは「全くカネにならないゴミ」を
顧客様なら回収内容に応じて無償サービスする事はありますが。
ただ「持って帰る=利益になってる」は違います。
あくまで買取させて貰ったり無償回収させて貰った延長上のサービスですから。
参考までに買取=需要があり値打ちがあるモノ。
無償回収=需要はあるが業務費用に対して薄利もしくは現時点では赤字になるモノ。
そのように考えてください。
処分費のかかるゴミを買う・無償回収できるなら紹介して欲しいくらいです。
クロゼットやシステムキッチンが普及し、昔みたいに箪笥や水屋やテーブルは「よほどの価値の中古品じゃないと売れません」
建具系は「買えば高いが」「処分するとなると手間や処分費がかかる」。
それが現実なのです。
傷があったり古くて値打ちがない建具をあなたなら買いますか?
それが常識というもので「何でも買取しろ・タダでやるから持って帰れ」は
非常識にもほどがあるわけで「欲」としか言いようがありません。
「1000円で売れるモノ」を車両を使い燃料を使い人件費も発生した案件で「1000円で買ってくれや」と言われるのと
同じくらいのおかしな話しです。
買取=「売り値-買取費・売却期間・店舗人件費・出張費」
売り値=「買取費・売却期間・店舗維持費・人件費・出張費」
今回は中古品はよほどの需要か稀少価値がないと値がつきません「高額買取は有り得ない」というお話でした。

|

« ムチウチ後遺症 | トップページ | 仕事においての筋道 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事