« 円安に傾く | トップページ | 腰痛・肩痛・歯痛・頭痛 »

米国市場にどこまで引きずられるか?

一夜明けてみれば米国市場は大幅下落で連れて円も買われる。
バーナンキの緩和策縮小、中国の景気減速観測。
恐怖指数は上がり、金などの商品も下げる。
日本市場はバーナンキショックにどれだけ耐えれるか。
救いは昨日書いたように昨日の場中からは円安に振れてること。
ただ、昨日の夕方に200円ほど上げてたCMEが逆に200円ほど下げてる、値幅400円の下げ。
世界に先駆け急落してきた日経平均、ここは世界の流れと逆に踏ん張って欲しいが願望でしかない。
とりあえず為替だけでも円安にならんかな。
などと朝っぱら7時にブログを更新してみた曲げ屋さんでした。

|

« 円安に傾く | トップページ | 腰痛・肩痛・歯痛・頭痛 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事