« リニューアル | トップページ | 豪速球投げ合い »

知ってますか?不法投棄の罰則

廃棄物処理法の法第16条により、
法は「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない」と規定し、
廃棄物の不法投棄を厳しく規制しています。
当社にも防犯カメラが設置されてない時は敷地内に不法投棄する犯罪者がいました。
防犯カメラを設置してからは自転車・バイク盗人が二匹いました。
不法投棄の罰則は非常に厳しいです。
個人には5年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はこの併科。
法人に対しては3億円以下の罰金。
不法投棄未遂や不法投棄目的の廃棄物収集運搬者に対する罰則もあります。
非常に厳しい罰則です、裏返せば軽い犯罪行為ではありません。
テレビや冷蔵庫など処分にお金がかかるからと、数千円をケチる軽い気持ちでしょうが、
ゴミ集積所や他人の敷地内や道路・山・海・川に廃棄物を捨てれば不法投棄になります。
また、不法投棄の排出者にも無関係ではありませんので
「廃棄物処分」は安易に違法業者を利用しないようにしてください。
ちなみに家電リサイクル四品目の廃棄物処分に関しては、
家電小売り店、当社のような家電小売りリサイクル店に家電リサイクル法に基づき(家電リサイクル券+運搬負担費)廃棄依頼するか、
直接、自らが郵便局でリサイクル券を購入し、軽トラ等で家電リサイクル集積所(新居浜・四国梱包、観音寺・HIRAYAMA)に持ち込み廃棄処分してください。
当社では環境省指針で中古品となり得ない家電リサイクル四品目(製造年数や保管や製品の状態により判断)は
廃棄物として扱い、適正に家電リサイクル法に基づき処分します。

|

« リニューアル | トップページ | 豪速球投げ合い »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事