« 参考 | トップページ | 毎日のように降る雨 »

家電リサイクル四品目の中古品・廃棄物の判断について

家電リサイクル四品目(テレビ、家庭用エアコン、洗濯機・乾燥機、家庭用冷蔵庫・冷凍庫)について。
家電リサイクル法では中古品となりえない家電リサイクル四品目は廃棄物となります。
中古品となりえない条件はスクラップ状態、製品別に製造年数制限、野ざらし保管などです(現在は空き地回収で集めた四品目は廃棄物扱いで、積み替え保管や運搬の許可がなければ違法行為、つまり違法回収)
中古品流通は自社店舗販売、国内委託販売、輸出向け販売があり、中古品を売買する古物商が検品後に中古品扱いや廃棄物扱いと判断します。
廃棄物扱いになると家電リサイクル法での廃棄処分となります。
また、環境省が警告告知してる通りスピーカーを搭載した軽トラ街宣収集がいますが、
家電リサイクル四品目を廃棄物として有償処分する目的で運搬する場合は家庭なら一般廃棄物収集運搬許可業者、事業所なら産業廃棄物収集運搬許可業者、
もしくは家電小売り販売店(家電店・家電を販売するホームセンター・リサイクル店など古物商)しか収集できません。
なので、スピーカー街宣軽トラの有償処分収集はほとんど違法業者です。
違法回収業者が廃棄物を不法投棄した場合は依頼した側も排出者責任を問われます。
消費者としては処分費が高い、古いけどまだ動くし正常に使える、などの感情もあるでしょうが、
環境省指針で中古品と認められない家電リサイクル四品目は廃棄物扱い、
家電リサイクル法での処分しかないので理解してください。

|

« 参考 | トップページ | 毎日のように降る雨 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事