« がんば亭のランチセット | トップページ | 生 »

ブラウン管テレビ等は家電リサイクル法にての処分になります

結局あんたのところ何屋?
と思われるのが嫌なので以下にハッキリ書きます。
自治体水道局指定の水道工事店、
自治体指定の排水設備(下水道配管)工事店、
水回り設備をはじめ各種リフォームなど建設設備業、
リユース品(中古)リサイクル品(金属資源)を売買する古物商・金属商、
短距離の簡易引越や簡易宅配をする貨物軽自動車運送業、
依頼現場でゴミ(産業廃棄物)を整理、撤去、片づけ、廃棄物の中間、最終処理場に収集運搬する廃棄物処理業、
など、許可や許認可を取得し業として行う会社です。
なので、国や行政が定めた時々のルールの中で 仕事 をしてます。
回りくどくなりましたが、本日のブログタイトルのブラウン管テレビ回収は、
事業者なら産廃業、個人の方なら古物商中古家電小売り、もしくは設備販売業にての対応になります。
「ブラウン管テレビ」など、リサイクル品として流通が厳しい物は「家電リサイクル法」での適正な処分になります。
「家電リサイクル法」とは、環境省が定めたルール内で「中古品となり得ない商品以外は廃棄物扱い」になり、
「適正にリサイクルするため製造メーカーに廃棄物を引き渡す家電リサイクル品目の処分」を指します。
「壊れて修理が不可能な家電リサイクル品目」「古すぎて中古品として流通しない家電リサイクル品目」「雨天時運搬、野ざらし保管をした家電リサイクル品目」、
まとめれば「2013年に環境省が定めたルールでは有価物と主張できない家電リサイクル品目」は廃棄物扱いとなります。
廃棄物扱いになると適正に家電リサイクル券を購入し指定家電リサイクル収集所まで廃棄物を運搬廃棄手続きをします。
中古品とならない家電リサイクル品を処分するには、
家電リサイクル券+運搬料を支払って頂くか、それと同価値の中古品や金属資源の「対価」を頂くしかありません(当社負担で家電リサイクル法での処分)。
「タダ」で「家電リサイクル品目」の「廃棄物」を処理できませんので宜しくお願いします。
引越時や片づけ時の買取差額見積もりや相談には応じてますのでお気軽に相談ください。
なお、数年前には中古品として流通できた商品も廃棄物として適正に処理しなくては
ならなくなった事を御理解ください。
正常に使えても年式により廃棄物として処理しなくてはならない商品がある事を御理解ください。

|

« がんば亭のランチセット | トップページ | 生 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事