« 優先順位 | トップページ | ちょこ 3月4日 »

本質

ここのところ連日ニュースになってる例の川崎の事件。
加害者の身勝手さや残酷さ、そして少年法に守られてる現状に気分が悪い。
個人的には悪質で重大な犯罪が起こる度に少年法改正をすればよいと思います。
加害者の人権って一体何ぞや?
今日の報道では、被害者が加害者を先輩として立てなかったからムカつき抹殺したとの事ですが、
犯行動機があまりにも身勝手で短絡的、まるで玩具が思い通りにならないから壊すみたいな幼稚さ。
これは恐らく加害者の脳に異常があるのでしょう。
恐らく加害者は「自己愛性人格障害」と思われます。
自己を過大にみせ、他人には要求ばかりのくせに自分は何も対価を与えない、
そのくせ自分の思い通りにならないという理由で「敵認定」し抹殺排除する。
「自己愛性人格障害」については検索して調べて見てください、その辺にゴロゴロいます、そう残念ながらアナタの周りにも(T_T)
自己愛性人格障害は脳障害なので「ターゲット」にされた場合、「利用された挙げ句に感謝どころか相手を下げたり抹殺までする」ため「逃げる」しかありません。
サムラ何とかオボ何とか、昨年に世間を騒がせた連中も「自己愛性人格障害」だと個人的に思います。
自分を過大に魅せたり同情を買う演技、権威や名誉が大好き、他者を利用ばかりするのに手柄は自分のモノみたいな横着なところが。
自己愛性人格障害はターゲットの不幸を望んでいる。

|

« 優先順位 | トップページ | ちょこ 3月4日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事