« 言を食む | トップページ | 台風直撃片づけ »

山高きが故に貴からず

タイトルはモノの価値は見掛けによらないという意味合い。
これ、中古リユース品や資源リサイクル品を扱ってるとよく思う事。
というか、目利きや判断に通じる。
ぶっちゃけた話をしますが、中古品としての豪華なタンスや豪華なベッド、豪華な応接セット、
これ、あまり商品的な値うちありません。
ほとんどの場合「ゴミ」扱いです、撤去処分費がいります。
現在では生活スタイルの変化などで需要がないんですね。
「ショップで数万円で売ってるやん」という方に教えますが、
あれは売れない時の処分費、引き取り販売時の運搬作業人件費、展示場所の費用を考えると無償引取に近いレベルが数万円販売になり得ると言うこと。
建具系で現在でも需要が多少あるのがニトリみたいなカジュアル家具。
もちろん美品、高年式など中古品となるにはハードルは高いですが、元は高級家具じゃないですよね。
次に「使える10年前の全自動洗濯機」ですが、国内中古品販売としては厳しく、家電リサイクル法での処分になります。
対して「使える10年前の二層式洗濯機」ですが、こちらは当社なら無償か安価ですが中古品として買います。
この差は作業着などを洗うセカンド洗濯機として使える需要の差なのです。
自動車バッテリーや壊れたアルミホイールも中古品としては値打ちはありませんし処分費がいるのですが、資源としてはありますので買います。
人間でも見掛けだけ良く見せて自慢話ばかりしてる自己愛が強い人なんかより、
地味ですが謙虚に誠実に生きてる普段は無口な人の方がリスペクトできるでしょ。

|

« 言を食む | トップページ | 台風直撃片づけ »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事