« 気分の話 | トップページ | 先月は休みが一日 »

勘違いを正す

「あんたんとこ鉄とか家電とか何でも集めよんやろ?壊れた冷蔵庫や壊れた自転車をタダで取りに来てや」
あんまり意味が分かりませんが、よく言われますし上記内容では無償では出来ません。
リサイクル営業所がやってる業務は、
・産廃収集運搬業
・国内向け中古品売買(建具は停止)
・貿易中古品買い付け
・非鉄金属売買
・家電リサイクル品目の適正な処分
・店舗、倉庫、事業所、病院、管理物件、駐車場駐輪場の片づけ搬出作業
・閉店、引っ越しの片づけ撤去作業、現状回復リフォーム、看板撤去、室内や届け出不要な小さい納屋や倉庫等の撤去解体
・市内限定小規模簡易引っ越し及び片づけ分別作業
等となっております。

定期的に買取や有償サービスを利用してる顧客事業者様以外は、
「低価値有価物スクラップである、じゃみ鉄や家電スクラップ等の積み込み作業及び収集運搬は逆有償になります」
リサイクル営業所では相場が安い古鉄や雑家電を喜んで収集運搬してません。
軽トラ幌立て一車5000円にも満たないスクラップを積み込み作業と運搬作業すれば利益どころか赤字なのです。
ただし、ジャンク品の中には値打ちある場合もあるので、問合わせでの商品内容次第ですが。
リサイクル営業所の方針は「世話になった方や儲けさせて貰った人にはサービスをさせて頂く」です。
ドラム缶や不純物の付いた屑鉄を目の前に「あんた含め早い者勝ちであげる」とか言われても、
何で産廃処理許可業者に産廃をタダで処分させようとするんだろうとしか思いませんので悪しからず。
有価物の値打ちが収集運搬費+作業費+人権費を上回らないと逆有償になります。
逆有償の積み込み作業の場合はチャーター普通トラック1万円、軽トラ5千円、作業助手1名につき5千円~1万円になります。
つまり、本来は金属製の事務机や椅子をトラック一杯分撤去作業依頼されれば2万円の費用が発生します。
依頼者が搬出積み込み作業を手伝ってくれれば1万円の費用で済みます。
産業廃棄物収集運搬の場合は普通トラック3万円、軽トラ2万円が目安です。
産廃の内容、作業助手の人員、特殊車両使用で値段が上がります。
閉店や引っ越しの撤去作業および現状回復リフォームは見積もり次第。

|

« 気分の話 | トップページ | 先月は休みが一日 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事