« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

安ければいいものじゃない

安くても質やサービスが悪くては意味がないし、
理由のない安さは何処かで無理をしてるか粗悪な質のはずです。
昔からよく言いますよね、
「安物買いの銭失い」

|

鉄スクラップ相場下落で鉄製品運搬は逆有償 産廃扱い

鉄スクラップ相場が洒落にならんくらい下落してます。
ジャミ鉄(トタンなど)だと段ボールの方が倍くらい高いのです。
金属製品はリサイクル営業所に持ち込みで無償引取しますが、
出張引取になりますと運搬費や搬出積み込み作業が発生する手元マイナス逆有償になります。
軽トラ5000円、普通トラック10000円の運搬費と、複数人での積み込み作業がある場合は補助人件費が発生しますので宜しくお願いします。
【具体例】
スチール製の机、棚、椅子、書庫、その他金属農機など。

ただし、お世話になった方や顧客様、価値ある古物があれば無償で出張引取します。

|

有価物について考える

有価物とは何か?
売却益が出る価値ある再生利用品、合法的再生資源です。
再生利用品とは中古品です。
中古品の本、CD、車、バイク、家電、建具、洋服、楽器、パソコン、工具、機械、
などなど、専門店や総合店など中古品を扱う店も沢山ありますよね。
当社もそうですが、売却に関しては業者間取引がほとんどです。
買取は企業や個人から、売却は中間卸が多いです。
再生資源とは、専ら物、つまり古鉄や古紙など昔から合法的に再利用できる資源です。
再生資源の中でも有価物と廃棄物に分かれます。
例えば古鉄を買取して貰う案件で、買取金額より運搬費等が上回り、
結局は手元マイナスになる件、これが逆有償と呼ばれ、
同じ古鉄でも有価物資源から廃棄物の扱いになってしまいます。
【有価物】を反復して売買する場合は【古物商許可】が必要になり、
出張買取の場合は【行商する】申請が必要です。
以上を違反すると違法行為になります。
1万円以上の買取は古物台帳に記載します。
【廃棄物】を【運搬費】を貰い運搬する場合は【廃棄物収集運搬許可】が必要です。
運賃が売却益を上回る【手元マイナス逆有償】の場合は【産業廃棄物収集運搬許可業者】が運搬しないと違法になります。
また書類関係では、有価物は【買取証明】や【買取仕切り書】で対応できますが、
逆有償の廃棄物扱いになると【委託契約書】や【マニフェスト】の発行保管も必要になります。
なお、家電リサイクル品目に関しては、廃棄物収集運搬許可業者や家電小売業(中古店も含む)に収集運搬依頼する事が可能です。

|

180突破

ひと月に一度は降圧剤を貰いに行ってますが、
今月は休みなしで働いてるから血圧も上がってるだろうと予想はしてましたが、
案の定、上が180を突破してました。
数字を確認した後は気分的な問題なのか一日中身体がダルくなりました。
そろそろスローペースに戻さないと身体が保たない。

|

反省

自分が一生懸命頑張ってるつもりでも「やるべき事を怠ってる」とお客様に迷惑をかけるだけ。
今日は朝から反省する事ばかりで、ある業者さんの「未だに勉強する事ばかりよ」の言葉が心に残りました。
週末は久しぶりにマイペースでリユースの仕事をしたり、
仕事の事務的な処理をして過ごそうかと思っています。
独りよがりに頑張ってるつもりだけじゃ駄目。

|

最近お世話になった会社の御子息。
垢抜けてるのと何となく侍みたいな雰囲気があるなと思ってたら
やはりその道を極めてる強者でした。
強者は礼儀正しく謙虚で人に優しく接する事ができる「人物」なので、
年齢問わず尊敬しますよね。

|

たこ焼き

昨日、久しぶりに店舗で焼いてるタコ焼きを食べました。
リサイクル営業所では古物商、有価物引き取り、廃棄物処分、産廃収集運搬、簡易引越、片づけ仕事と色々な形のお客様と取引があり、
常時取引のある事業者様、時々取引のある事業者様、時々取引のある個人様の割合で仕事をさせて貰ってます。
私が子供の頃からあるタコヤキや大判焼きの店の「あんみつ姫」さんのお母さんも時々取引がある事業者様です。
市内にも何ヶ所かタコヤキ屋さんがありますが此処のタコヤキが一番美味しいし好きです。
処分仕事のついでにタコヤキを二箱持ち帰り、お世話になってる先輩と太陽の下で美味しく頂きました。
職人さんの味やね。

|

産業廃棄物処分費

産廃業者は廃棄するのに十分な予算を確保する事が求められてます。
理由なき処分費の安さは不法投棄など不適切な処分の恐れがあるからです。
理由ある処分費の安さは廃棄物を現地にて有価物と廃棄物に分別して減量化するしかありません。
有価物とは鉄くずや古紙など専ら物を含む再生資源、中古品となり得る物などです。
その外に当社では市内なら廃プラ(プラパレ)や一部ビニール巻物(一枚物)等も逆有償対象物として取扱いします。
近隣地区の廃棄処分費相場(収集運搬費別途)は1立米(1立方メートル)あたり1万円、
もしくは1キロあたり10円~60円の処分費になります。
また、瓦礫、ガラス、瓦等は大きさの基準があり1車辺りの料金になります。
当社では4立米まで積載できるトラックで混載1車あたり積み込み作業員兼運転手1名で平均3万円、
木材のみだと種類にもよりますが(不純物は混載品)、1車辺り平均2万円になります。
もちろん積み込み補助作業員が必要なら1日1万円追加、
逆に積み込み全てまでやって貰えれば多少は減額できます。
また、二階以上や遠距離を徒歩で積み込みする場合は、時間的ロスで多少値上がりしますし、パワーゲイトやユニック使用積み込みも場合により値上がり対象です。
付け加えますが「家電や鉄くずなど大半を占める」案件でも「混載廃棄物扱い」なら一切安くはなりません。
現地にて「当社作業員が分別」する、「依頼者が分別してくれてる」事で廃棄物の減量化はできます。
よく勘違いされてる方がいますが「廃棄物扱い」なら「いくら値打ち」があろうと「混合廃棄物」になります。
たまに「このスクラップただで取りに来て」とか言われますが、
「行商(出張買取)」できない「低価値有価物」は当社営業所まで自ら持ち込み以外は「逆有償」とし、お世話になってるお客様以外は「運搬費」が発生する事を理解してください。
散々、他社の社員をタダでこき使ってカネになる有価物は他社に売り飛ばす横着な事業者は大手であろうが零細であろうが「一切無償サービスはしません」ので宜しくお願いします。
また、コンプライアンスを軽視する事業者の要望には応えれないので宜しくお願いします。

|

搬出作業

屋内から屋外に持ち出す搬出作業は有償です。
事業者さんや個人の方も利用できます。
機械など重量物、タンスや水屋など大型建具、マッサージチェアや冷蔵庫など大型家電を有償で搬出作業します。

|

働けるという事

今年の冬から初夏にかけて、チョコちゃんの看病で働きたくても働けない日が続きました。
半身麻痺寝たきりで餌を擂り鉢で砕いてあげたりお家でカテーテルを使いトイレをさせたり。
癌治療と半身麻痺治療の通院と看病で精神的にも一杯一杯でした。
夏場から、有りがたい事にお世話になってる方に紹介で仕事をさせて貰ったり、
久しぶりに世話になった事業所様から仕事のお声がかかったり。
何だかんだで先月から8月15日に1日休んだ以外は休みなしで働かせて貰ってます。
夜中まで働くときも数日あったのに何故か身体の調子は悪くありません。
働きたいのに働けない辛い状況と比べれば肉体的な疲労なんか大した事ではありませんね。
働ける場所がある事とサポートしてくれる方々がいる事に感謝です。

|

リフォームもやってますよ

当社は水道屋ですが、配管工事より水回り設備機器リフォームや、その他住まいのリフォーム全般の顧客様が多いです。
特に中之庄、具定、寒川、豊岡、中曽根、村松、下柏の水洗トイレ化リフォーム(浄化槽切り替え含む)は、
ダントツの数で当社が施工してます。
私が二十代後半で代表時代には年間で70件以上も水洗トイレ化工事をした年もありました。
当時は、他社はトイレ工事は汚い工事と敬遠していた時代でした。
現在リフォームの着工件数はグンと減りましたが、それでも現在進行形で浄化槽リフォーム、
マンションリフォームなど額面7桁リフォームをしてます。

|

相互利益

リサイクル営業所は複雑な面もあります。
当初は古物商・金属商として中古品や有価物を売買する業務を開始し、
貨物軽自動車で運搬費を頂いたり引越業務を行う申請をし、
近年は産業廃棄物処理業(収集運搬)の許可を取得してます。
以上の条件で一番お客様にサービスを提供できるのが、
店舗、倉庫、事業所、住居、車庫などの、
閉店、閉鎖、引越、遺品整理、解体前の残地物整理、いわゆる片づけ作業です。
不用品を現地にて廃棄物と有価物、専ら物(古紙、古鉄など)に分別し、
買取、無償引取などにより不用品を減量化(廃棄物の総量を減量化)し産廃処理費用を減額し、
簡単な引越業務も平行して行う業務。

ただ、以前は古物商がメインだったので、
不用品を買取・無償引き取りがリサイクル営業所のメイン業務だと勘違いされてる場合が多々あります。
現在、金属資源相場が低迷してるので、
「タダで片づけできる」案件は非常に少なくなってます。
極端な話し、いま現在常時取引でお世話になってる方には無償サービス業務でも、
全くお世話になってない、またはサービスばかりさせられ損ばかりさせられる業者には正規で1万円~4万円請求できる案件も多々あります。
リサイクル営業所のモノの考えは「受けた恩は必ず返す」なので、
現在お世話になってる、これから継続的にお世話になる事業者様にはできる限りの無償サービスをします。
「無償サービス」は「お世話になる、儲けさせてくれる」業者様のみなので宜しくお願いします。
もはや死語ですが「WIN・WIN」の関係、つまり「相互利益」が生まれる方のみに今後は無償サービスをさせて頂きます。
「いつも損ばかりさせられる」「コンプライアンス無視の要望が多い」方は「今後いっさい無償サービスをしません」

「例え値うちのある金属スクラップでも廃棄物ならば」普通トラックで収集運搬すれば平均3万円の料金が発生するのです。
感謝のない、世話にもなってない事業者になんで三万円の無償サービスをしないといけないのが意味が分かりません。

|

臨機応変な産廃収集運搬費

基本的に運転手兼作業員1名込みの産廃積み替えなし中間処理・最終処分場まで運搬運搬費は、
普通トラック1万円、軽トラ0.5万円ですが、
運搬回数が多数になれば臨機応変に運搬費を値下げします。
現地見積もり・持ち込み処理場の提案、選択→ニ者間契約→産廃収集運搬(マニフェスト発行)→お代金請求・支払いの流れになります。
分別なし(混載)で片づけ時間を優先的に考えると費用も比例して嵩む可能性が有ります。

|

休みなしが続くよ

暫くどう考えても休みがありません。
でも疲労感もないし、お客様との約束を守るという使命感が衰えた肉体をカバーしてます。
良いお客様に恵まれ気持ちの良い仕事をしてるので疲れが残りません。
働く場所を与えてくれる依頼者様、紹介者様、協力者様には感謝の言葉しかありません。
未だに夜中に真っ暗なキッチンで煙草を吹かしてるとチョコちゃんの看病生活を思い出して涙が出てきます。
考え事をする間もなく働いて疲れて眠って起きての単純な繰り返しの時間が今は良いのです。
チョコちゃんの看病生活は3ヶ月程でしたが、働きたくても働けない状況が続きましたし、
その時間を取り戻すくらいの気持ちもあります。

|

近欲

商いをしていて「近欲」を目の当たりにする事が多々ある。
目先の利益を優先的に考えるモノの考え。
私は場面場面で「近欲」より「損して得とれ」をできるだけ選択します。
中長期のスパンで見れば近欲は必ず自滅すると思ってるからです。
自己や自社の目先の利益も大切でしょうが、その弊害が出た時に、
信頼や信用を一瞬で失う事もあるでしょう。
ゴマカシやマヤカシや言い訳は何時かは必ずバレルし、信頼を得るには時間がかかりますが信頼を失うのは一瞬だと思います。
甘い考えといえば甘いでしょうが、仕事ならできれば直球勝負でいきたいですね。
だって自分だけ利益出してババばかり掴ませて損ばかりさせられたら嫌ですから。

|

これ金属製品ですが産廃です

中古品となりえない(中古品として流通できない)金属製品は資源になります。
が、大量の木材やガラスやプラスチックなどが付着してる場合、
金属相場が安い現在、資源としてではなく産廃として扱ってます。
ジャミ鉄(一般的に使われる薄い鉄やトタン等)の流通相場はキロ単価10円くらいで、
搬出作業や運搬に伴い発生する費用と売却益では相殺すらできません。
なので、木が大量に付着する長椅子、布やスポンジが大量に付着する事務椅子、
レンガやコンクリが入ってる金庫、ガラスや廃プラが付着する温水器パネル、
木や大量の廃プラが付着する事務机、木や大量の廃プラが付着する金属棚、
などなど、資源としてではなく金属屑類として産廃扱いにせざるをえません。

|

閉店や移転時の残地物撤去

店舗、事業所、倉庫、施設の引っ越し移転や閉店に伴う残地物撤去作業を請け負ってます。
残地物とは引っ越し移転時などに伴い排出される産廃(ゴミ)や有価物(鉄屑など専ら物資源や中古品)など不用品。
リサイクル営業所では古物商の仕事で不用品・産廃を減量し、
古物や産廃を撤去搬出して片づけ整理をし、
産廃処理業でトラックや軽トラで収集運搬業務をし、
必要なら軽トラで簡易引っ越し作業をします。
なので残地物処分に関する経費を削減できます。
残地物撤去作業は予約制です。
今月はおかげ様で撤去作業予定が混んでます。
お祭りや年末にかけての大規模な撤去作業予約は来月以降にお願いします。

|

先月は休みが一日

先月はお盆休みというイベントがありながら完全休養日は8月15日の一日だけ。
仕事をさせて頂くのは、とてもありがたい事だと思います。
リサイクル営業所では今後は買取・引き取り「のみ」の仕事量を三割に落とし、
撤去作業片づけ作業含む産廃処理業で七割を目指す目標を設定してます。
また、撤去作業に置いてはマンション・住宅リフォームにも今後は積極的に関わります。
今はネコも杓子もリフォーム業の時代ですが、
当社は時代に先駆け、30年ほど前からリフォーム業をしています。
水道屋と言えば配管施工がメインですが、当社ではトイレ・バス・キッチンの水回り設備機器、それに伴う内装全般リフォームをメインとしてきた会社ですから長年蓄積してきたノウハウがあります。
トイレ大・小2つの部屋を解体し広い間取りのトイレに集約したり、
既存の浴室全体を解体しユニットバスに入れ替えたり、キッチンを解体撤去しシステムキッチンに換え内装全面改装をしたり、
自らハツリを含む内装撤去解体工事を伴う大掛かりなリフォームもしてきました。
公団住宅や賃貸物件の退去時のクロス張り替えや畳など部分補修工事にも対応できます。

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »