« 搬出作業 | トップページ | たこ焼き »

産業廃棄物処分費

産廃業者は廃棄するのに十分な予算を確保する事が求められてます。
理由なき処分費の安さは不法投棄など不適切な処分の恐れがあるからです。
理由ある処分費の安さは廃棄物を現地にて有価物と廃棄物に分別して減量化するしかありません。
有価物とは鉄くずや古紙など専ら物を含む再生資源、中古品となり得る物などです。
その外に当社では市内なら廃プラ(プラパレ)や一部ビニール巻物(一枚物)等も逆有償対象物として取扱いします。
近隣地区の廃棄処分費相場(収集運搬費別途)は1立米(1立方メートル)あたり1万円、
もしくは1キロあたり10円~60円の処分費になります。
また、瓦礫、ガラス、瓦等は大きさの基準があり1車辺りの料金になります。
当社では4立米まで積載できるトラックで混載1車あたり積み込み作業員兼運転手1名で平均3万円、
木材のみだと種類にもよりますが(不純物は混載品)、1車辺り平均2万円になります。
もちろん積み込み補助作業員が必要なら1日1万円追加、
逆に積み込み全てまでやって貰えれば多少は減額できます。
また、二階以上や遠距離を徒歩で積み込みする場合は、時間的ロスで多少値上がりしますし、パワーゲイトやユニック使用積み込みも場合により値上がり対象です。
付け加えますが「家電や鉄くずなど大半を占める」案件でも「混載廃棄物扱い」なら一切安くはなりません。
現地にて「当社作業員が分別」する、「依頼者が分別してくれてる」事で廃棄物の減量化はできます。
よく勘違いされてる方がいますが「廃棄物扱い」なら「いくら値打ち」があろうと「混合廃棄物」になります。
たまに「このスクラップただで取りに来て」とか言われますが、
「行商(出張買取)」できない「低価値有価物」は当社営業所まで自ら持ち込み以外は「逆有償」とし、お世話になってるお客様以外は「運搬費」が発生する事を理解してください。
散々、他社の社員をタダでこき使ってカネになる有価物は他社に売り飛ばす横着な事業者は大手であろうが零細であろうが「一切無償サービスはしません」ので宜しくお願いします。
また、コンプライアンスを軽視する事業者の要望には応えれないので宜しくお願いします。

|

« 搬出作業 | トップページ | たこ焼き »

産業廃棄物処理業」カテゴリの記事