« 腰痛 | トップページ | 円安方向 »

スクラップ鉄

引き続きスクラップ鉄相場が軟調。
鉄鉱石の下落が続き鉄の在庫が増えてるから。
中国の景気が腰折れして鉄資源の需要が減ってるから。
中国の輸出向けビレット(電炉で製品化した鉄製品)の増加が世界各国のスクラップ鉄相場を圧迫してるから。
世界的なデフレ傾向の流れ。
鉄は銅みたいな商品先物市場がないんですよね。
例えば国内では大手電炉メーカーが買取価格を設定し中間処理業者が末端市場価格を設定する。
つまり来年半ばあたりまでに予想される一段、二段安になると、
ジャミ鉄(薄い鉄)なんかは末端価値がなくなるかもしれません。
当社では収集運搬を伴うと現在でも逆有償(運賃負担)にしてますが、
処分費まで請求するような完全産廃扱いになるかもしれませんね。
世間一般では中間買取(寄せ屋)相場は「段ボール」より「鉄」が価値あるように思うのが普通かも知れませんが、
現在は「H鋼」ですら「段ボール」の方が高いくらいです。
「ジャミ鉄」などは「段ボール」や「紙屑」の方が断然高いのです。
つくづく何の相場でも需要と供給なんだなと考えさせられます。
他人事ではないんですが^^;

|

« 腰痛 | トップページ | 円安方向 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事