« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

モス

なぜか夕方以降に外食チェーンに行く日が続いてます。
今日は昼間に世話になったモスバーガーをテイクアウト、昨日はCoCo壱番屋、一昨日は市内限定チェーンですが若鳥。
モスバーガーのmosは山、海、太陽のアルファベットの頭文字。
ウチの近所にありますが、二十歳くらいの時は新居浜まで買いに行ってました。
ここの会社の哲学と言うか方針は好きですね。
安売りをせず、商品相応の価格で商売をする考え。
確かにモスは安くはないけど、テリヤキバーガーとかテリヤキチキンを無性に食べたくなる中毒性がある、土下座商売不用。
CoCo壱番屋の創業者もそうですが、ここの会長も苦労人。
お世話になってるガンバ亭の会長も苦労人。
外食チェーン経営者って何故か苦労人が多い。
偶然なのかもしれないけど共通する不思議。

|

マイントピア別子 別子温泉 天空の湯

マイントピア別子の入浴施設がリニューアルされてから、
一度は行きたいと思いながらも行かず、やっと二日前に行きました。
昔は流水温泉みたいなのがあり、体重80キロ→55キロに半年くらいで25キロダイエットをした時に夕方から毎日の様に行ってました。
リニューアルして流水温泉はなくなり、シンプルな造りになってました。
ジェットバス、遠赤サウナ、寝湯、露天風呂、酸素風呂だったかな?などなど。
洗い場も浴室もさすがにリニューアルしたので綺麗です。
料金も昔は18時前に入ると四桁と割高でしたが、大人は500円になってます。
更に新居浜や西条の入浴施設では備え付けのシャンプーやボディーシャンプーはありませんが、
ここは三島の湯や霧の森温泉、萩の湯みたいに備え付けです。
ただ四国中央市具定町からではやはり遠い、常に行くなら市内の三島の湯かな。
因みに夜の閉まる時間は21時まで受付の22時閉館です。

|

異様に真っ赤な夕焼け

昨日、夕方は観音寺方面にいました。
夕方7時過ぎ、気づくと血の色みたいな異様な夕焼け。
近々、地震でも来るんじゃないだろうかと心配になりました。
他にも普段は自宅に出没しない10センチくらいのネズミが昨日から屋内に侵入してます。
猫のミーコや犬のコロンでは未だに捕獲できてません。
同じく地震の前ぶれでないといいのですが。

|

英国EU離脱派勝利

日経平均マイナス1300円近く、為替一時99円台前半。
一本糞チャート。
これはもうあかんかもしれんね。
この先どうなるか分かりませんが、EUが英国に厳しい対応をすると思われます。
第二の英国が出ないように。
英国はスコットランド独立など内部分裂の可能性もあるみたいです。
参院選では自民党の大勝が予想されてましたが、直ぐには治まりそうもない市場の混乱は明らかに悪材料。
愛媛では全国の流れに反し与党と野党の接戦が予想されてましたが、もしかして番狂わせがあるかもです。
一寸先は闇。
アメリカ大統領選ではトランプ候補に有利に働きそう。

|

12時 英国EU離脱派リード 円高株安

途中経過は離脱派と残留派で接戦との記事がありますが、
明らかに離脱派リード。
予想外です。
暫く為替、株価、商品ヤバくなりそうです。
瞬間的に為替100円近く、日経平均株価は500円ほど下げてます。

|

参院選告示と英国EU離脱可否国民投票

参院選告示です。
我々みたいな政治や利権利害関係がない一般人には「選挙の争点」がないように見え、
投票率も50パーセント前後になりそうな予感です。
経済政策を争点にするなら与党が有利で、具体的な対案のない野党には不利でしょう。
円高政策で政権交代を望んだ国民の期待を裏切った民主党が名前を変え、野党統一候補を立て復活の兆しが見えるかという所です。
経済に興味を持ったり勉強したりすると、どうしても経済政策に弱い野党というイメージです、妬みや妬みを煽るだけじゃ世の中明るくならない。
さて、英国では23日にEU離脱の可否を問う国民投票があります。
離脱となると世界的に経済が混乱し、円高株安になると予想されます。
皮肉なもので低学歴、低収入のワーキングクラスが離脱支持多数みたいですが、
実際、離脱するとなると一番の悪影響を受けるのがワーキングクラスと言われています。
自爆を熱狂的に支持する、まるで自民党をぶっ壊す(実際は旧田中派潰し)痛みを伴う改革(実際は格差拡大)詐欺師小泉に我が国の【B層】が熱狂したみたいに^_^;
直前は五分五分らしいですが、恐らく残留派が勝つ予感がします。
というか経済が混乱すると困るので勘弁して欲しいです。
混乱を望むのはアメリカ大統領候補のトランプじゃないのかな。

【郵政選挙でのB層】とは(^_^;
・IQが低く、具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層
・情報弱者で自分自身であまり考えることをしない層

|

意識の剥離

仕事を依頼する側と仕事を請け負う側には、大小ありますが意識の剥離があります。
例えば「こんなものでいいだろう。」と言うのが自分で問題を解決する事。
しかし仕事として請け負うなら「こんなものでいいだろう」は通用しません。
責任がある、慎重になると言う事は時間もコストもかかります。
後片付けの掃除一つにしろ「合格点のライン」が上がります。
当社なら上記は水道工事、リフォーム、解体工事、片づけ・撤去作業に関してです。
リサイクル(中古品や資源取引)や産廃収集に関してはそれとは別に「価格」の意識の差が大きい事があります。
古物(中古品や再生資源)に関しては「時の相場」が全てです。
いくら何百万円で購入していても「時々の値打ち」により「売却益」どころか「処分費用」がいる事も多いです。
処分(廃棄)をするにしても(廃棄物処分料金)+(運搬費、搬出作業及び積み卸し作業人件費)がかかる訳です。
はっきり言って大型冷蔵庫1台だけを四国中央市から運搬費1000円なら積み卸し含む人件費と車両使用などの経費はでません。
商品購入時になら販売利益の中からサービスとして無償かそれに近い料金でやってくれるかもしれませんが、当社では家電リサイクル券+運搬費になります。
説明をした上で費用面で大きな意識の差があるなら仕事にはならないと思います。
仕事とは、お客様に困り事や希望があり、双方で約束事を交わし、請負側が約束を守る事。
その上で利益が出ないなら仕事ではありません。
また「許可なし何でもありの便利屋」ではなく「許可」を得た専門業者なら尚更です。
因みに仕事をする上で「許可」がなければ違法になる仕事も多々あります。
公共の水道管や下水配管の改良や増設、
産廃ゴミの収集運搬、
反復する古物の売買、
家屋解体や室内解体、
運賃を頂き荷物を運ぶ宅配や引越業の届け出、
土木工事の施工管理、
浄化槽設備士、
基本的に当社では上記の許可、届け出、国家資格を持ち適正に仕事をしています。
双方に利益にならない場合には仕事にはならないと認識していますので宜しくお願いします。
また、サービスはサービスであり、あくまで仕事の利益に対する恩返しと認識しています。
なのでサービスは仕事ではありませんし、サービス=利益になりません。

|

ラニーニャ現象の年で猛暑か?

今年はラニーニャ現象が起こる年と言う事ですが、
前回は2010年はすごく暑い夏でした。
今夏も猛暑の予感がした本日の梅雨の束の間の晴れ間、暑い一日でした。
早くも顔面や腕は日焼けでドジン状態になりました(^_^;)

|

片付け仕事

解体工事前やリフォーム時の残置物撤去(不用品処分)、
引越、移転時の片付け仕事(不用品処分)を仕事としてしてます。
倉庫、店舗、事務所、家屋、駐車場、納屋、神社寺社、施設、家電リサイクル品一式、産廃などの片付け仕事です。
当社は不用品を全てゴミとせず、古物商として資源や中古品として扱いゴミを減量し料金を下げてます。
ただし廃掃法や家電リサイクル法など法律もありますので何でもかんでも運搬、処分、リサイクル(再資源化)流通できません。
家電リサイクル品、消火器などを廃棄する場合には法律の縛りがあります。
片付け仕事に関しては四国中央市を中心に愛媛県内でしかしませんし、条件によりお断りする場合もあります。
見積もりは無料です。
基本的に片付け仕事に関しては軽貨物引越同様に(引き渡し後速やかに集金になります)。

|

金属スクラップ相場低迷いつまで

先に書いた英国のEU離脱。
これも実現すれば(可決しても二年近く猶予があるみたいです)、
必ず資源相場や輸出中古品相場に悪影響が出ます。
相場が高停まりしてる時は「無料出張回収」なるものも平気でできていましたが、
現在は何でもかんでもという訳には行きません。
利益どころか人件費や車両使用料、燃料費すら出ないのです。
まず全ての基礎になる「鉄スクラップ相場」。
なぜ軟調かと言うと、中国による鉄鋼の過剰生産による影響が一番です。
世界的に需要の割に供給が多いので相場が低迷しています。
米国などは中国に減産を求めてますが、まだ過剰生産です。
中国が減産に踏み切ると一時的にスクラップ相場が一段安になりそうな気がします。
しばらくスクラップ相場は駄目そうですが、なぜか世間一般では値打ちある物と誤解されてるままでしょう。
スクラップは値打ちがない時はゴミ、値打ちが上がるとカネになるのです。
仕事としてはカネにならないと集めるより処分対象物になるのです。
イメージは悪いわカネにならないわで、昨今の屑鉄商いは踏んだり蹴ったりですわ(^_^;)
ウチとしては、屑鉄仕事は出張回収や片付け仕事なら産廃仕事の対象で、中古品や非鉄金属しか古物取引の対象にしか見てないのが現状です。

|

30年内震度6弱以上地域

東日本大震災~熊本地震と近年地震による災害が国民を悩ませます。
少し前になりますが、政府の地震調査委員会が今後30年以内に震度6弱以上の確率分布を公表しました。
四国では高知73、徳島71、高松61、松山44となっています。
四国中央市は真ん中辺りだから松山基準ではないですよね。
木造家屋解体をしてると、古い家屋はかなり脆い造りの家屋もあるのを知ります。
震度6強以上とか来たら脆い家屋は多数倒壊するんじゃないでしょうか。
南海トラフ地震とかヤバいのが来たら四国中央市も無傷じゃいられないでしょう。

|

英国EU離脱予想売り

英国のEU離脱を問う国民投票を控え、世論調査で賛成派がリードし、
為替は円高に世界の株式市場も軟調です。
離脱した場合、英国や世界経済が混乱する予想が多数を占めてます。
キャメロンが国民投票を決めた当時は思いもしなかったEU離脱賛成派多数。
世界的に右極化し反グローバル、反移民に傾いてるのでしょう。
今日の日経マイナス500円超、目先は円高に振れ株式は売られまくりそうな予感です。

|

チョコ命日

今日はチョコの命日でした。
一年はあっという間です。
家族も増えたりして色々と生活環境は変わります。

|

家電リサイクル券購入費の誤解

勘違いしてる方が多数なので記しますが、
家電リサイクル券購入により小売り業には利益にはなりません。
例えば冷蔵庫 小(176L未満)を例にすれば、
メーカーによりますが 家電リサイクル券購入費3600円(税抜き)+ 運賃(運搬費用)になります。
当社では購入手数料と運賃併せて1400円、冷蔵庫・小だと合計5000円(税抜き)に設定してます。
家電リサイクル券購入費は一切利益にならないので、運賃のみが仕事の対価となります。
ですから、この家電リサイクル品目処分と言うのは「儲ける仕事ではありません。

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »