« ラニーニャ現象の年で猛暑か? | トップページ | 参院選告示と英国EU離脱可否国民投票 »

意識の剥離

仕事を依頼する側と仕事を請け負う側には、大小ありますが意識の剥離があります。
例えば「こんなものでいいだろう。」と言うのが自分で問題を解決する事。
しかし仕事として請け負うなら「こんなものでいいだろう」は通用しません。
責任がある、慎重になると言う事は時間もコストもかかります。
後片付けの掃除一つにしろ「合格点のライン」が上がります。
当社なら上記は水道工事、リフォーム、解体工事、片づけ・撤去作業に関してです。
リサイクル(中古品や資源取引)や産廃収集に関してはそれとは別に「価格」の意識の差が大きい事があります。
古物(中古品や再生資源)に関しては「時の相場」が全てです。
いくら何百万円で購入していても「時々の値打ち」により「売却益」どころか「処分費用」がいる事も多いです。
処分(廃棄)をするにしても(廃棄物処分料金)+(運搬費、搬出作業及び積み卸し作業人件費)がかかる訳です。
はっきり言って大型冷蔵庫1台だけを四国中央市から運搬費1000円なら積み卸し含む人件費と車両使用などの経費はでません。
商品購入時になら販売利益の中からサービスとして無償かそれに近い料金でやってくれるかもしれませんが、当社では家電リサイクル券+運搬費になります。
説明をした上で費用面で大きな意識の差があるなら仕事にはならないと思います。
仕事とは、お客様に困り事や希望があり、双方で約束事を交わし、請負側が約束を守る事。
その上で利益が出ないなら仕事ではありません。
また「許可なし何でもありの便利屋」ではなく「許可」を得た専門業者なら尚更です。
因みに仕事をする上で「許可」がなければ違法になる仕事も多々あります。
公共の水道管や下水配管の改良や増設、
産廃ゴミの収集運搬、
反復する古物の売買、
家屋解体や室内解体、
運賃を頂き荷物を運ぶ宅配や引越業の届け出、
土木工事の施工管理、
浄化槽設備士、
基本的に当社では上記の許可、届け出、国家資格を持ち適正に仕事をしています。
双方に利益にならない場合には仕事にはならないと認識していますので宜しくお願いします。
また、サービスはサービスであり、あくまで仕事の利益に対する恩返しと認識しています。
なのでサービスは仕事ではありませんし、サービス=利益になりません。

|

« ラニーニャ現象の年で猛暑か? | トップページ | 参院選告示と英国EU離脱可否国民投票 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事