« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

家電リサイクル品目以外の出張回収費

廃棄家電リサイクル四品目(テレビ、洗濯機、冷蔵庫)以外が対象になります。
引越時、整理作業時に排出された廃棄雑家電(扇風機やコタツやストーブやレンジ等の廃棄家電)を、
軽トラ一車コンパネ建て満載まで出張費及び運搬費あわせて依頼者協力のもと一律一車あたり五千円で回収作業します。
内容は処分費無料で回収作業運搬費のみ依頼者様負担ですが四国中央市内限定になります。
積載品は家電以外に金属棚や自転車など鉄製品も可能です。
家電リサイクル四品目は別途料金になります。
金属リサイクルできない木製や布製の棚、水屋、タンス、テーブル、椅子等の廃棄処分は片づけ作業仕事とし、別途現地見積もり後に確認しての廃棄料金及び作業運搬費料金(作業人数や時間、搬出難易度による)になります。
家電リサイクル四品目に関しては、中古品流通品なら買取・回収、年式や状態により中古品回収作業運搬費のみ負担、廃棄する場合は家電リサイクル券負担と指定集積場に持ち込む運搬費負担になります。
なお、当社の中古品流通は主に国内外向け中古品の企業間取引となり、回収した後の中古品は当社の自己責任において売買、売却できない場合には廃棄処分します。
もし運搬車両を持ってない場合、軽トラをレンタルし保険金や燃料費を支払えばコストは五千円近く。
それを考えれば人件費不要や作業時間短縮できるメリット、それだけにお得なサービスだと自認しております。
本来は産廃扱いだと混合廃棄物の場合では軽トラ2万までくらいニトン車3万円ぐらいが目途ですからね。

|

廃棄チャリンコについて

この時期から引越シーズンにかけ、「放置自転車処分」「不用な自転車処分」「不用なバイク処分」の問合わせが増えます。
ほぼスクラップ処分なので正直ノリノリになりません(笑)
放置自転車やバイクは国内リユース(中古品)になりえません。
所有者不明だと手続きできないからです。
つまりスクラップ案件になりますが、廃プラやタイヤゴムが混じり、質的にも安価な屑鉄になりますので、
「出張引取に関して」は産廃扱いとし引取費用を頂けないと回収できません。
リサイクル営業所にお客様自ら持ち込みの場合は「電話確認後」に無償で引き取れますが、
一度に大量の場合はお断りしてます。
当社設定の出張作業費用を頂いても、燃料費や作業手間等の人件費を考えると「十分な利益」にはならないサービス的な位置付けと認識していますので宜しくお願いします。
出張回収作業費用(車両使用料及び積み卸し作業人件費)
四国中央市内限定
自転車 一台1000円
買取や無料回収できないスクーター、バイク処分 一台3000円~5000円
☆ 大量に処分、なおかつ産廃や片づけ等の仕事を継続して取引できる企業さんや事業者さんのみ別料金設定。

|

安全第一

今日は大事な依頼者を軽トラに乗せてる最中、あやうくブロック塀に接触しかけました。
接触というより衝突寸前でした(T_T)
仕事の最終盤は慣れと油断で事故を起こしやすいタイミングです。
危機一髪、今後は気をつけなければ…。
長年工事に関わったり資格を取ったりすると「安全第一」の意味を理解してます。
自らや従業者の安全を疎かにし効率や利益を最優先する人は「無資格」や「未熟な工事経験」なのでしょう。
工事中の事故は自己責任とか思うのは無責任極まりないのです。
危険な作業をさせたり安全確保をできない事は施工管理上、仕事ができるできない以前の問題ですね。

|

許可業者

当社は各業務を行うため国家資格を取得し自治体の許可を取ったり業務届け出をしてます。
許可なき場合、専門業者とは言えず、場合によっては無許可の違法業者を利用した場合は依頼者にも責任が及ぶ場合もあります。
現在は以下の業務で当社の許可や指定業務をネットでも確認できます。
給水装置工事(水道) 四国中央市指定工事
排水工事(下水道) 四国中央市指定工事
産廃収集運搬(ゴミ運搬) 愛媛県・環境省
解体工事業者(家屋解体工事) 愛媛県

その他に古物商(中古品・金属売買)、軽貨物運送及び引越業務等(商品運搬)があります。
【有資格者】 給水装置工事主任、排水設備責任技術者、浄化槽設備士、土木施工管理技術など。

|

四国中央市限定 お家お部屋の片づけサポート

四国中央市内限定で、以下のお部屋片づけ不用品処分サポートをします。

・引越時の処分片づけサポート
・遺品整理時の処分片づけサポート
・大掃除、整理時の処分片づけサポート
・解体工事前の処分片づけサポート
・リフォーム工事前の処分片づけサポート
片づけサポートとは、リサイクル化やリユース(中古品売買)ができない商品、
例えばベッド、タンス本棚・水屋など建具、その他いわゆる粗大ゴミ扱いになる物や家電リサイクル品目処分品(産廃)を、
依頼者と協力して屋内から搬出積み込みする等をし、不用品を処分する事により、
人件費など大幅なコストカットをして安価でお部屋を片づけする作業を指します。
このサービスは当社が希望するお客様の協力により成り立ちます。
依頼者協力に関しては依頼者が女性の場合でも大半は可能です。
即日対応も可能な場合がありますが、できれば事前予約でお願いします。
また、見積もりをしてからの作業になります。
その他、並行して古物商としての買取及び無償引取、
タイヤや木くずやガレキなどの産廃収集運搬も行っています。

リサイクル営業所 担当
問合わせ 0896-72-7344

|

対話

最近、私生活でも仕事でも対話が重要だと感じます。
凝り固まった双方の意見は杓子定規のケースもあるわけで、
後々に先方に不快な思いをさせてはいけません。
依頼者と当方で腹を割って対話をすると言うことは家を改築したり片づけする時にも重要な事だと思います。
依頼者の要望と当方の知識と経験、双方の意見を摺り合わせれば後悔のない仕事になるんじゃないでしょうか。

|

重機を使用した片づけ作業

現在、取りかかってる片づけ作業。
あまり一般的にないけど空き地の草木の下に潜り込んでる産廃も撤去中。
葦や蔦が絡みつき、草刈り機だけでは無理と判断し、ユンボのハサミを使用しての撤去作業になってます。
草木を撤去したら出るわ出るわの産廃。
見積もり予算より多めのゴミの量に凹みながら撤去作業継続中。
でも場所が悪くユンボが使用できなければ二日は余計に作業をしてたかもしれない。
重機の威力は凄い。
しかし片づけ作業にユンボって解体工事かよ(笑)

|

年始の片づけ作業

年末の片づけ。
これは一般的でしょう。
年末に一年間溜まったゴミを片づける。
当社は仕事で「片づけ作業」をしてますが、その影響で自社や自宅の年末の大掛かりな片づけはできてません。
年始に整理整頓し始めて、暇をみて一月半ばまで自らの片づけ作業に追われます。
なお、当社の仕事での片づけ作業には「産廃片づけ」「解体工事前残置物撤去」「空き家の不用品撤去処分」「引越時の不用品ゴミ処分」「遺品整理作業」「放置自転車バイク車両処分」「お家の不用品撤去廃棄作業」「倉庫・納屋・小屋の片付け作業」「店舗・施設等の片付け作業」
などがあります。
問合わせは0896-72-7344まで。
家電からベッドやタンスまで何から何まで片付け作業します。

|

2017謹賀新年

2017謹賀新年
2017謹賀新年

仕事が年末まで多忙だったため、失礼ながら年賀状は返信のみとなっております。
この場を借りてお詫び申し上げます。
年が代わり2017年。
昨年は身近で「健康」「生きること」について考えさせられる事が続きました。
なので、タレ目ちゃんが健やかに育ってくれればそれだけで十分です。

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »