« 誤解なきよう | トップページ | 見積もりの話 »

事業者様取引

リサイクル・リユースの古物取引、産廃処分とも個人向けの他に業者間取引があります。
不定期の買取や処分、定期回収、不定期回収。
当社の取引方針は、当社と取引先にメリットがなければ依頼を請けません。
リサイクル営業所を立ち上げた数年は、とにかく利益や内容軽視で取引件数を増やす方針でしたが、
中には当社だけが利益の出ない冷や飯仕事ばかりの事業者、
美味しい所取りで他社には仕事を、当社にはボランティアだけ、
約束を守らない、上から目線で嫌な気持ちにさせられる事業者もありました。
「買取や処分で利益を得るのが仕事で、損したりタダ働きが当社の仕事ではありません」
依頼主の困りごとや手間を省く等の要望に応える代わりに対価(有価物や仕事に対する代金)を得るのが仕事なのです。
取引内容は日々変わる商品相場や取り巻く情勢に応じて変化しますし告知します。
現在のサービスはトータル的には依頼主に損をさせず(得をさせ)、法的な問題がないように各種許認可を得てコンプライアンスを重視する、
無理をせず、させず、誠実な取引を心掛けています。
例えば無許可で産廃(ゴミ)を運ぶと依頼主に迷惑がかかる等は当然ですよね。
無許可で困るのは排出者責任(依頼主責任)がありますので取引業者様も困りますし、知らないでは済みませんから。
つまり総合的な観点で対話ができる事業者様としか取引できないのです。
許可業者にタダ働き、無許可違法業者とは金銭取引、そういう基本的な部分で大きく考え方が違うの事業者との取引は遠慮します。

|

« 誤解なきよう | トップページ | 見積もりの話 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事