« 事業者様取引 | トップページ | プレミアムフライデー »

見積もりの話

造る、壊す、片付け。
全て見積もりをしてからの契約になるわけですが、
やはり造るの見積もりが総合的に複雑で大変です。
当社の造るとは設備機器新設、リフォーム工事、土木、型枠左官、塗装工事の事ですね。
ここ最近、素人に毛が生えた様な人に「あんた特殊な工事の見積もりできんやろ」とか戯れ言を言われましたが、
私が過去に何百件もの土木を含むリフォーム工事の見積もり契約から現場での施工に関わった事を知らない上に、
現場では従業者の安全よりスピード重視コスト重視という訳の分からない理屈を語るからお話にならない。
そもそも工事に関しての資格も持たない人にドヤ顔で言われたくもない(笑)
施工見積もりに関しては測量したり地中に埋もれてる部分まで見積もりしたり、
型枠や左官や下地整地工事の計算、原材料の生コンやブロックの計算等もしないといけない訳ですから結構時間がかかります。
これが便器の取り替えやキッチンの取り替えみたいな簡易な器具取り替えリフォームなら簡単ですがね。
見積もりに関しては「契約を貰うためだけに実際にかかる費用より安く見積もり書を作る事はしません。なるべく正確に作成します。」
いざ工事を始めて施主様の負担が増えると困りますから。

|

« 事業者様取引 | トップページ | プレミアムフライデー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事