« ノンフィクションを読む | トップページ | 事業者様取引 »

誤解なきよう

『リビングたかはし』は市の水道工事と下水道工事の指定業者です。
いわゆる水道屋ですが、その中でも配管敷設工事より設備機器工事を主としてます。
設備機器とは水道蛇口、浴室、キッチン、トイレ、手洗いの器具になります。
修理やメンテを含む住まいのリフォームや新設工事をします。
その他、資格や許可で民間の簡易な土木工事、家屋解体工事、産廃処理を業としています。
リサイクル営業所では金属資源リサイクルや国内・貿易中古品リユースを扱う古物商を業とし、
その他にリサイクルに関わる産廃収集運搬や家屋解体工事を担当しています。
また軽トラ規模で簡易な運搬や引越を業とする届け出もしてます。
リサイクル営業所とは、
古物や金属資源を売買している、
古物や金属資源に関しては値打ちなき場合は産廃として有料処分している、
木くずやガレキや廃棄プラスチック類等の産廃を処分している、
店舗や工場や施設やお部屋のゴミ産廃の片付けを請負している、
家屋や倉庫などを解体工事している、
軽トラですが簡単な運搬や引越をしている、
そういう仕事を許可を得たり届け出をして業とする部門なのです。
いわゆる「無料回収」とは「サービスの一環」で「利益と処分費と諸経費が相殺できて初めて成り立つ仕事」なのです。
なので、資源として値打ちが低い現在は定期取引先以外の「一般家電スクラップ」や「自転車」等は一車あたり運搬及び作業料金のみで処分してます。
中古品となり得るモノから廃棄や運搬するモノを差し引いた時点で「買取」「引取」「有料処分」に分かれます。
「家電リサイクル品目」は「中古品」か「廃棄物」に分かれ、廃棄の場合は家電リサイクル法での有料処分になります。
長々と記しましたが、「リサイクル営業所は無料回収するのが仕事ではなく、案件によっては買取や処分の他に無料回収ができる場合もある」という事を理解してください。
引越や大掃除や遺品整理などを含む片付けや家具類や家電類の「買取」「相殺引取」「不用品産廃有料処分」をする部門として利用してください。

|

« ノンフィクションを読む | トップページ | 事業者様取引 »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事