« GWの引取・処分について | トップページ | 家屋解体工事や不用品片付け撤去の見積りについて »

放置自転車バイクの撤去

たまに市外の知らない不動産管理会社などから問い合わせがありますが、
放置自転車については「中古品」ではなく「産廃」「金属資源」として取り扱ってます。
放置自転車は所有権がなく、国内での中古品売買はできません。
また状態もボロボロが多く、廃プラやタイヤが混じる質の悪い鉄スクラップになります。
ですので、当社では出張引取の場合は「産廃処分」扱いになります。
また、持ち込み無償処分に関しては場所を取るだけなので、個人での数台までを限度にしてます。
出張しての引取処分に関しては処分負担費が発生しますので、それが嫌なら自分で時間と手間と費用をかけて処分してください。
出張引取に関して、値打ちのないゴミ処分で、人件費や車両使用費を使い無料はありえませんのであしからず。
バイクに関しては場合によっては買取もありますが、基本的に状態が悪いので処分扱いになると考えてください。

|

« GWの引取・処分について | トップページ | 家屋解体工事や不用品片付け撤去の見積りについて »

産業廃棄物処理業」カテゴリの記事