« 空き家整理、片付けについて | トップページ | 解散総選挙に »

廃棄プラスチック、雑家電屑の取り扱いについて

廃棄プラスチックは資源としての流通が厳しくなったため廃棄物としてのみ取り扱います。
プラスチック製品や塩ビ製品は産廃扱いとしますので産廃処分費が発生します。
家電スクラップについては、国内外中古品にならない場合、片付け処分作業時ににおいて排出された廃棄物扱いとし処分費負担が発生します。
問合せ 0896-72-7344

|

« 空き家整理、片付けについて | トップページ | 解散総選挙に »

リサイクル・中古品 売買 引取 処分」カテゴリの記事