« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

日記

七時半、寝坊、電話にて起こされ降圧剤を飲み現場に。
寒川にて庭生コン打ち、一輪車にてミキサー車から生コン運搬。
十時、川之江に移動、明日の工事打ち合わせ。
昼前、電話にて市外在住のお客様に体工事の経過報告。
昼過ぎ~二時、三島・川之江の三事業者回収作業。
二時~四時、県外に中古品運搬。
四時~六時半、県外から帰宅、途中で買い物。


歳をとると、このくらいでも疲れるのです。

|

日経平均16営業日続伸

さすがに今日は一服と思いきやヒケピン気味に終える。
25000円も狙えると言うのは冗談ではなくなってきた。
チャート的には右肩上がりなんだけど、何かをきっかけに崩れそうでもある。
何はともあれ株価が高いと言うのは良いことだと思います。
いっそ30000円台目指してみようか安倍さん(笑)

|

予想通りの選挙結果 地元は洋一

総選挙は、ほぼ予想通りの結果に。
安倍内閣は続く。
戦後最強の総理大臣は再起してからは勝てない選挙はしない。
投票率も予想通り低い。
私も六時半くらいに公民館に行ったら一人だよ(笑)
地元の白石対決は洋一氏に。
五年間、負けて三区を這いずり回ったから今回は大差勝ち。 
私も知人の玄関先で飛び込み訪問した本人に会ったことがある。
誰ぞやは誰が投げたか名刺放り投げただけだったが。
洋一氏みたいなエリートが負け続ける気持ちはどんなものだったろう。
誠実さと強い気持ちは素直に尊敬に値する。

|

日経平均56年ぶり続伸

日経平均、つまり225銘柄の話しなんですが(笑)
糞株には関係ない話です。
まあ、お約束の材料出つくしで与党過半数過得で月曜日の始値からズルズルと終値は続伸途切れる?
加熱してるからもっても翌日には途切れるでしょうけど、たぶん。
週末に台風襲来、西日本では特に影響が出そうで投票率伸びない?
各紙の情勢見ると、自民党堅調、
希望、維新は苦戦
公明、共産、社民はやや苦戦、
立憲民主は伸びてるらしいです。
解散直後からみれば予想外なのが希望の減速と立憲民主の急伸。
逆風希望に追い風立憲民主、民進党系風頼みの政党の明暗。
自民党も勝っても単独では270~280に留まりそう。
安倍内閣の支持率が落ちてるみたいですし。
四国では、案外野党が頑張り、うちの選挙区である愛媛三区とあわせて四国地区の4選挙区で野党が優勢及び優勢接戦らしいです。
四国はアベノミクスの恩恵が少ないと感じる人が多いんでしょう。
日経平均は外部要因次第ですが安倍政権継続で、とりあえずは目指せ25000円がターゲットか?
ただし、バブル期と比べて配当が増えてる分、過剰な期待は禁物かもですが(笑)
ここ最近、日本ブランドが傷つくニュースが続いてますし。
いよいよ選挙後はトランプ来日、そして年末あたりからはアメリカ対北朝鮮が緊張しそう。
あたりまえですが日本にも緊張が走りそうです。

|

秋雨

川之江、土居、西条、新居浜、最後は三島と太鼓祭りが続きますが、天気予報は明日から雨続き。 
祭りの季節はよく雨が降る。
ムチウチも出る。
雨が止んだら涼しくなりそう。

| | コメント (0)

総選挙の流れが見えてきた

総選挙の投票日まで二週間くらい?
急な解散やら民進党分裂やら色々ありました。
どうなるのか?
日経平均見りゃ分かります。
与党の過半数以上、安倍内閣継続。
海外勢が勝ちを見越して買いにまわってるんでしょ?
博打じゃありませんから、勝つ勝負しかしません。
小池知事率いる希望の党は、もう少し盛り上がると思いましたが、ワイドショーや自民
党御用新聞は小池批判を繰り広げてます。
自民党も流石で静かに確実に支持層を固める戦術を実行してます。
無党派層を刺激しないように(笑)
新党が勝つためには世論を味方にしないといけないのに、バッサリ民進党左派を切る姿は、あまり票に繋がりそうにありません。
かえって立憲民主党に同情票流れるんじゃないのかな。
そもそも小選挙区制では、自民党に勝つためには野合と批判されようが野党間協力や調整が必要でしょうに(笑)
それと、この時点になっても仮に希望の党が政権を取った時に誰を首班指名するのか決まってません。
これでは政権選択選挙と言われても。
まあ、民進党が右派左派にセパレートされた事は、今後議論になる憲法改正にとっては良いことだと思います。
長年平和ボケさせられてきた日本も、気づけば近隣国に何時武力行使されてもおかしくない状況ですから。
あと、希望の党に関しては、電線地中下とか議員定数削減とか、その他に老人ばかり優遇しない的な政策もあるみたいで、そういう面では期待しますね。
何でも反対や批判しかしない政党より、しっかり提案や対案も出す政党じゃなきゃ政権交代しても続かないでしょうから。

|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »