« SNS音痴 | トップページ | 阪神大震災から23年 »

外溝土木工事、増改築工事、家屋解体工事の見積もりについて

よく、施主様から測量や現地確認もせず「だいたいの見積もりをしてくれ」と言われます。
「だいたいの見積もり」の場合、例えば「50万円~100万円」「200万円は超えないと思います」など、振れ幅が大きい「いい加減な見積もり」になります。
やはり現地にて実寸を計り、時にはレベルをあたり、問題点を確認し、完成時の施主様の希望を聞かないと「ちゃんとした見積もり」になりません。
当社の方針としては「安く見積もりをし契約をしたのに請求時に高くなった」という案件は後味が悪いので極力避けたいです。 
地面の中から想定外の障害物が出てきた、工事をしてない場所が予想以上に老朽化し工事箇所が増えた等を除いた場合などは相談するしかありませんが。
契約したいがために安い見積もりで釣ったり、不必要な箇所を工事をする事は邪道と考えています。
当社有資格や許可としては施工管理、給水、排水、産廃収集運搬、家屋解体工事の責任者を置きます。
見積もりをするにも「誠意ある見積もり」をしたいのでご協力お願いします。 

|

« SNS音痴 | トップページ | 阪神大震災から23年 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事