« 2017年の業務終了 お休み | トップページ | 虎暗黒時代の救世主逝く »

大発会ドラゴン騰げ

2018年大発会は窓を空けての爆騰で終値は日経平均700円超と幸先のよいスタート。
昨年初には鼻で笑われてた日経平均3万円超えも年内にありえそうな株価になってきました。
ただ、北朝鮮や日米の金融政策によっては山有り谷有りの展開は予想されますが。 
トランプが大統領になるとか日経3万円超えになるとか安倍長期政権になるとか、私は~三年前には予想してましたが、なぜか鼻で笑われてました。
一言いっておきますが、ニュースソースが出てからでは遅すぎる、ニュースが出てくるのを読むのが予想すると言うことです。 
競輪を予想するのとは違い、パズルを組み合わせるのです。
2018年の注目テーマは、北朝鮮問題、東京オリンピック関連、少子高齢化人口減、ガラパゴス化脱却の自動車関連、金融緩和出口政策、新元号効果、中国環境政策の影響、AI関連あたりだと思います。
来年あたりまではバブル期に流行ったものが再度流行りそう。
仮想通貨はどこかのタイミングではじけそう。
まとめれば花が散る前や線香花火が燃え尽きる前の最後の華やかさでしょうか(笑)

長期に見れば世界は中国、インド、アメリカが経済大国になり、日本や欧州は落ち目の三度笠になるでしょう。

|

« 2017年の業務終了 お休み | トップページ | 虎暗黒時代の救世主逝く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事