« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

気温37度超え

今日は会う人全てが暑い暑いと言ってました。
帰って四国中央の最高気温を調べると37度超え。
風邪引いた時の体温やないかい。
ボッチで整地作業中に一瞬モノが二重に見えたので作業終了。
炎天下の現場で日に焼けたユンボとレーキを使い砕石を撒いた地面を均し、仕上げはプレートで点圧。
今の時期に整地作業は身体に堪える。

|

臆病であれ

臆病はチキンとか呼ばれ蔑まれてる。
しかし私は臆病も仕事とか生きてくには必要だと思います。 
先の西日本豪雨では警告を甘くみた高齢者が多数不幸な結末になったらしいです。
お悔やみ申し上げます。
不謹慎かもしれませんがなぜかゴルゴ13の台詞を思い出しました。
・俺が生きてこれたのは兎みたいに臆病だからだ。
・プロになるのに必要なのは1割の才能と2割の努力、3割の臆病と4割の運だ。
私も仕事に関しては臆病になれと思ってます。
楽観的な人は大丈夫という言葉が好きですが、不測の場面で責任を取った事を見たことがありません。
無責任とは言いませんが、気をつけようと思います。
仕事は準備が一番大事で楽観論が一番危険だと思います。
石橋を叩いて渡る、叩いて壊れたら渡らなくていいのでは?

|

猛暑到来 熱中症に気をつけて

先週の大雨から一転、今週は梅雨明け猛暑日の連続。
四国中央市でも時間により35度くらいの暑さ。
毎朝、手足の先が痺れる感じで正直休みたい。
私が主に担当するのは産廃片付けと家屋解体及び造成外溝土木工事。
手作業はもちろんハツリやユンボに乗りダンプに乗り何でも屋です~苦笑
働き方改革とやらを横目にお盆まで休みなし。
家屋解体工事二件、フェンス設置含む外講工事複数。
お盆以降も外講工事や納屋フェンス設置等も複数予定。
特に来週は自ら、従業者、協力業者あわせて複数人が二ヶ所で屋根瓦を剥ぐ予定。
自らは仕方ないとして働く人には申し訳なく思います。
炎天下の屋根上は地獄の暑さ。
何より熱中症や事故のないよう乗り切らなければ。
来週、再来週が肉体的にも精神的にもキツい。
下水道切り替えを月5件手掘りでこなしてたときなみにキツいかも。
本音言えば夏休みは1ヶ月は欲しい。
毎日毎日寝て食ってゴロゴロして入浴施設に行って冷房の効いた施設でマークシートを塗り潰したい(笑)

|

この糞暑いなかで仕事をするという事

私は基本的にお人好しなので、利益効率を追求して仕事ができません。
ついつい他人を利用する横着な奴から鴨にされます。
簡単に言えば自分が頼み事する癖に仕事でもお金でも返さない人に都合よく利用されます。
私は小間使いじゃありませんし、損益計算や原価計算できないほどマヌケじゃありませんけど、その辺理解してるのかと。
ですが、そういう事をされたら二度と相手に使われないとしますし、仕事なら尚更請け負いません。
目先じゃなくトータルでお客様に得をさせると考えてるだけです。 
損して徳とれ、損をさせたら補填をし、儲けが出れば還元します。
その辺りを理解して、よくしてくれる、理解してくれるお客様のためにだけ仕事をします。
でなければ、責任を持って気持ちのよい仕事ができませんので。
人を濃き使った挙げ句にマトモな仕事や利益になる仕事は他所にさせる人のために糞暑いなかで仕事はできません。
簡単に言えば常識があり、信頼できるお客様や協力業者以外仕事はしません。

|

銃刀法案件の処分について

銃刀法、その名の通り猟銃や刀剣などの所持に関する法律。
当社では片付けや解体工事前の残置物処分時に法に触れる物が出てきた場合は速やかに施主様に報告します。
施主様が処分を望む場合、最寄りの警察署に報告し、見聞立ち会いや指示に従います。
処分に関しては指示に従いますが、基本的に施主様が廃棄しますので、お任せするか同乗の上然るべき廃棄受付場所で廃棄手続きをします。
固い話ですが法を破るわけにはいかないので施主様の協力なしでは処分できません。

|

糞田舎の緊急医療

私は田舎の医者が基本的に嫌いです。
というか、勘違いしてる偉そうな態度の医者が嫌いです。
別に身分が高いわけでもないのに偉そうな態度の町医者(笑)
だから紳士や優しい医者しかかかりたくないです。
今朝、日曜日にも関わらず家族が緊急の病気。
とりあえず新聞に載ってる休日診療の某三島の町医者に電話をかける。
電話に出ない。
後で知ったのだが9時かららしい。
やる気ないなら当番医制度やめろよ町医者(笑)
糞田舎の町医者風情が(笑)
で、次は119番にかけてどうしたらいいかと尋ね某金生の病院に電話をかける。
診てもらえるか尋ねると
胃薬持ってませんか?だと。
緊急に電話かけてんのに胃薬奨めるとか喧嘩売っとんかい。
糞田舎のヤブ医者(笑)どういう教育しとんじゃい。
最終的に上分の病院に行き診てもらいました。
今日は○課の担当医しかいませんが、それでもいいかと正直に言ってくれました。
田舎暮らしは緊急医療にリスクありすぎだろ。

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »