経済・政治・国際

世界同時株価ゲロ下げ中

10月時点での見立て通りに米中はじめ世界中の株価が右肩下がり。
米中新冷戦の他にも解決しそうにない悪材料が全世界てんこ盛り。
ここにきて日経も円高株安で2万円割れ寸前、ダウも毎晩下げがキツい。
毎晩毎晩なんぼでも下がりよる。
来年春先までに日経18000円割れ、年末15000割れしそうですが妄想なので自己責任。
そうなれば実体経済は来年から全世界お先真っ暗ですわな。
不景気になれば売国奴政治家どもが進めてる移民政策なんかしないでも人手不足も解消するのでは?

|

日産ゴーン逮捕

夕方になり日産自動車会長、三菱自動車会長、ルノーCEOのカルロスゴーン逮捕のニュース。
詳細は分からないが東京地検特捜部が動いての逮捕劇。 
矢沢の永ちゃんが「やっちゃえ日産」と言ってたら東京地検がやっちゃたかw 
カルロスゴーンなんて所詮はリストラ首切りだけが実績のコストカッターだから興味がない。
景気、経済、政治、何だか波乱の2019年に向かい色々な出来事が起こる。
確信した、波は右肩下がりに。

|

灰汁抜けといっても

米中間選挙は事前予想通りの結果。
上院共和党勝ちで下院民主党勝ちの捻れ。
ダウに注目してたが予想を上回る反発。
個人的には天井圏でも起こる乱高下で右肩上がりには懐疑的。
不安要素はまだ何も解決してない。
トランプは二年後の大統領選に向けて主に経済政策で対中国を先鋭化させそう。
イランや北朝鮮など色々火種も燻る。
来年は波乱の年になりそうだ。

|

世界同時下り坂

見立て通りのアメリカ中国冷戦相場。
更にサウジアラビアネタも追加で終わりの始まり臭。
日経平均もボコボコで短期リバしながら墜落する雰囲気。
これはもうあれかもしれんね。
いつまでも良いときは続かないのが世の常なのでしょう。

|

世界同時何たら

年初以来の世界同時株安。
こういう時のニュースは良くも悪くも後付け。
結局相場は波(チャート)だ、と勝手に思ってる。
チャートを見る。
米国、上海、当事国は特に手出し無用。
ダウに関しては10月頭に大天井、綺麗な三尊にも見える。
長期チャートを見ても右肩上がり続けた長すぎた春に異変。
日経に関してはまだ上継続、ダウナス下げても先物踏ん張る。
昨年末とこの度二度ほど24000辺りで跳ね返されてるのはWトップみたいで気になるが、次の戻りでぶち抜けば26000~、駄目なら20000割れ余裕で沈没。
それが長期チャートという「波」を見ての感想。
あくまで感想。

|

貿易戦争

年初予測完全にハズレ。
アメリカ対中国の貿易戦争開始。
安倍政権も続きそうにない。
自民党も後の人材が緊縮財政路線の貧乏神岸田、ロンパリ石破、売国奴小泉の糞ガキとろくなのがいない。 
全ての風向き変わる。
日経平均二万割れ円高ドル円100円突破近し。
ところで韓国はまた大統領経験者が逮捕だって。
口利き、賄賂、日本も同じようなもの。 
ドの国も政治家は悪人だらけ。

|

急落で始まり急落で終わる

朝起きたらダウが暴落。
今週は三度の急落。
おはギャ~状態。
ダウは5年10年チャートで見ると下げ余地十分だったから想定内ですが。
日経は今週安値近くの21000円台で留まるか?
想定外に来週デカイの来て20000円割れまで逝くか?
絶壁のチャートを見て状況は尋常ではないのは明白なので予測がつかない。
ただ今日も予測される暴落時は個別株に関しては買い時だろうし、日経に関しては中長期的に未だに調整だと個人的には思ってる、思い込んでる。
まだ目指せ日経3万円と思い込んでる(笑)
崩れるときは安倍さんが降りる時と思い込んでる(笑)
でも思い込みって愚かですよね。
例えば株式売買してないから関係ないと思い込んでるみたいに。
あんたらの年金や保険なども運用されてる訳ですがwwwwww
因みに今回のダウの暴落はVIXショックとかパウエルショックとか言われてるそうです。
株式市場は暫く先の景気、実体経済の鏡みたいなものなので、できれば早期に安定して欲しいのですが、、、。

|

週内はグダグダ=買場

6日前場終了で日経はマイナス1200円。
為替はチョイ円高にふれ118.6円。
ダウ先は現時点で今日も大幅安。
VIXも数年ぶりの急騰。
ダウは今晩も窓開けて下落から始まり戻りもグダグダですかね。
今更ながらチャートが高値圏で下げ余地充分。
日経は今日~明日が一旦底、余波で最低でも週内はグダグダと予想しますが、未来は分かりません(笑)
今日の後場はどうなるか知りませんが買場の見立てです。
この大幅下落は崩壊ではなく調整の範囲内だけど、個別もチャートが汚く崩れたなあ。
今週はパウエルがFRB議長就任から始まり、週末は平昌冬期五輪開幕、そんな中での株価急落。
記憶は薄れましたがグリーンスパンからバーナンキに代わるときにも冷や水浴びせられた記憶が。

|

買場

ダウが急落して日経もつられる。
吊られる(笑)
ただダウは加熱感があるなか上がり続けた訳で、日経はそこまでの加熱感はない。
米株が落ち着くのは先だが、日経はそこまで酷くならないのでは?
日中マイナス1000円近くだがマイナス4パーセント、長い目で見れば調整だと思われ。
ニュースでは世界同時株安とか大袈裟に語るんだろうな。
気になるのは想定外に円高に触れるという展開。
今日は米株安に連れて何故か円高なのは気になるところ。
為替次第だがグダグダの場面は買場。
別にポジトークではない(笑)

|

大発会ドラゴン騰げ

2018年大発会は窓を空けての爆騰で終値は日経平均700円超と幸先のよいスタート。
昨年初には鼻で笑われてた日経平均3万円超えも年内にありえそうな株価になってきました。
ただ、北朝鮮や日米の金融政策によっては山有り谷有りの展開は予想されますが。 
トランプが大統領になるとか日経3万円超えになるとか安倍長期政権になるとか、私は~三年前には予想してましたが、なぜか鼻で笑われてました。
一言いっておきますが、ニュースソースが出てからでは遅すぎる、ニュースが出てくるのを読むのが予想すると言うことです。 
競輪を予想するのとは違い、パズルを組み合わせるのです。
2018年の注目テーマは、北朝鮮問題、東京オリンピック関連、少子高齢化人口減、ガラパゴス化脱却の自動車関連、金融緩和出口政策、新元号効果、中国環境政策の影響、AI関連あたりだと思います。
来年あたりまではバブル期に流行ったものが再度流行りそう。
仮想通貨はどこかのタイミングではじけそう。
まとめれば花が散る前や線香花火が燃え尽きる前の最後の華やかさでしょうか(笑)

長期に見れば世界は中国、インド、アメリカが経済大国になり、日本や欧州は落ち目の三度笠になるでしょう。

|

より以前の記事一覧