家屋解体・撤去・片付け作業

倉庫、納屋、店舗、工場、空家の片付けについて

無料での相談や見積もりをしています。
予約制です。
古物商金属商として廃棄物の減量をはかり、産廃収集運搬を業として行います。
買取り、引き取り、相殺で費用を削減してます。
問い合わせ 0896 72 7344

| | コメント (0)

片付け、不用品処分は予約制

年末につき、片付け撤去作業ばかりの予定です。
いわゆる日曜日、祭日も何らかの片付け作業をしています。
完全休日はありません。
恐らく自社倉庫どころか自宅も片付けしきれないほど忙しくなります。
仕事は全て予約制になります。
案件や期日により場合により仕事をお断りしてますが、申し訳なく思ってます。
私は恩を仇で返すのが嫌なので儲け話より世話になってる顧客様を優先します。
産廃撤去、片付け処分は時間がかかる場合が多く、年末に仕事が集中します。
鉄スクラップの撤去に関しては1トン以上、できれば2トン以上単位を優先します。
作業費を差し引いて買取りをしています。
鉄クズ少量の場合はリサイクル営業所の鉄箱に持ち込みしてください。
なお、よくある学習机や事務机、ベッドやマッサージチェアは片付け処分案件なので処分費が発生します。
中古品にならない、いわゆる一般家電ゴミも片付け対象案件になります。
来年以降は一般家電スクラップは完全に処分費が発生します。


|

師走近し、片付け処分依頼は予約制

古物商絡みや産廃業務絡みの依頼が増える師走。
今年、例年と違うのが有価物の基準が厳しくなるという点。
その時々の有価物流通状況により、引き取り無料品ですら有償処分になる可能性もあります。
来年は家電リサイクル法以外のスクラップ雑家電が流通しない可能性大なので、経費が最低限ですむよう、早め早めの処分、片付け依頼が良いと思います。
既に廃プラスチックは従来の産廃収集運搬基準になってますのでお願いします。

|

年末年始の家屋解体工事

年末にかけて、片付け仕事や処分引き取りの仕事が増加するため、建設リサイクル法適用規模の家屋解体工事は、来年度引渡しになる可能性が高いです。
建設リサイクル法では、着工1週間前に届け出をするため、準備期間があります。
場所によっては所轄に道路使用許可を得ないといけない場合もあります。
年始を跨ぎ足場養生をする訳にもいかないので、着工時期は相談させていただきます。  
リフォーム工事も同じく相談させていただきます。

|

ブロック塀、金網、車庫、撤去解体工事

同じく、家屋解体工事で付随工事としてよくある塀や門扉の解体撤去。
車庫や金網フェンスも同じく、単独での解体撤去工事を請けてます。
もちろん、昔から請け負いしてる上記の外講新設、リフォーム工事も請け負いしてます。
見積もり無料、電話にて予約お願いします。

|

スーパーハウス、プレハブ小屋、納屋倉庫、解体撤去

家屋解体工事をする時に一緒に解体撤去する事が多い、スーパーハウスやプレハブ小屋。
単独での解体撤去工事も請けています。
見積もり無料です。
電話にて予約お願いします。

|

ここだけの話

こんな過疎ブログをたまたま発見した方に。
実は資源リサイクル流通に目先大きな変化があります。
正確に言えば変化が始まってます。
それもマイナスな方向に。
当社でも廃プラのみの処分は処分費なしの運搬作業のみで対応可能でしたが今月から処分費負担をお願いしてます。
片付け作業において一般的な家電でリユース扱いにならないものは資源扱いできず廃棄物としてカウントする時期も近づいてます。
つまり、片付け作業、撤去処分、などにより廃棄処分費が増額されるケースが増えるでしょう。
年末大掃除の時期には処分費負担が増えて困る事業者さんも増えるでしょう。
タダとか売却出来てた有価物が廃棄しかできなくなりますからね。
とりあえず今月、来月と自社の倉庫や事務所の片付けに忙しいです。

| | コメント (0)

空き家整理、片付けについて

空き家に関わらず、お家の片付け不用品撤去作業について。
リサイクル営業所では、四国中央市周辺(愛媛県)で全ての不用品の撤去処分作業をしています。
家電製品、テーブルやタンスやベッドなど建具、畳や布団や衣類繊維ゴミから、木材、農業漁具、瓦ブロック瓦礫、植木など産廃等々。
事前見積り、契約、片付け作業の工程で行います。
リサイクルやリユースでゴミを減量しコストを抑えてます。
また、空き家の解体工事や庭木伐採、土木やエクステリアを含む全てのリフォーム工事に対応しています。

問合せ 0896-72-7344

|

無償片づけ引取になる稀なケース

低価値のリユース品や資源に関しては、引取作業になると逆有償作業になります。
が、大量に低価値有価物の中に業務用流し台やロッカーや棚・書庫がある場合は無償引取作業になる場合もあります。
個人ではなく、店舗、工場、事業所クラスの大量に低価値リユース品が出る片づけ作業ですが。
現地にある現物を見てから、話あいはそれから。
なおカサバるジャミなど鉄スクラップだけの作業に関しては引取作業になると逆有償になってます。

|

片付け補助

低予算で片付けをしたい方に「片付け補助」サービスをしています。
自分たちで引越や遺品整理で片付けをしたくても車両がない、処分の方法が分からない、建具等を動かす人手が足りない等々の問題を解決できます。
問合わせ→現地見積もり→片付け補助での仕事になります。
片付けを全て当社に任せる方は従来通りの依頼をしてください。
問合わせ 0896-72-7344

|